近頃めっきり頭が寒い時期に…なんてならないためには

シャンプーをし過ぎないようにする

日常生活をすると体は汚れます。汚れをそのままにしているとまず臭ってきます。臭うだけでなく細菌などが繁殖しやすくなり、体にとっては決して良い状態ではなくなります。それを防ぐために適度に体を洗います。目安としては1日に1回お風呂に入ったりシャワーを浴びれば十分でしょう。同様に頭皮も汚れます。髪の毛の汚れよりも頭皮の汚れが気になるポイントで、汚れたままだと汚れが毛穴に詰まって薄毛の原因になります。ではしっかり洗うと良いかですが、洗いすぎるのは禁物です。1日1回でも多いと指摘する専門家もいて、夏以外なら2日に1度ぐらいでも良いとされます。洗いすぎると大事な皮脂まで洗い流してしまい、余計に皮脂がたまりやすくなります。洗いすぎが薄毛を進めてしまいます。

喫煙をしているなら禁煙を考える

20歳になると、法律上はタバコを吸えます。なぜ19歳以下が吸ってはいけないかですが、成長期において成長に影響を与えるからとされています。20歳からは成長がないので、一応は良いとされています。20歳以上の人がタバコを吸うのは自己責任ですが、タバコは百害あって一利なしとされています。気分は良くなるかもしれませんが、体に悪影響を与え続けます。薄毛の原因として頭皮の血行不良があります。タバコを吸うと血液に酸素ではなく一酸化炭素などの有害物質を含ませます。ですから吸えば血液の栄養分が頭皮に生きづらくなり、髪の毛の成長も止めやすくなります。若い時は若さで生やしてくれますが、年齢を重ねると成長の力も弱くなります。早めに禁煙をした方がいいかもしれません。