最近頭がさみしい?実は治療法があるってご存知ですか?

飲み薬と塗り薬などを使う方法

薄毛は老化現象の一つとされていました。体は年齢を重ねれば老化をします。薄毛もその一つとされていました。確かに男性の高齢者に多いとされます。では女性の高齢者はどうかといえば必ずしも薄い人ばかりではありません。男性の若い人でも薄毛の人がいます。老化以外の原因がある程度分かってきて、薬による治療が可能になっています。よく知られているのは男性ホルモンを抑制する飲み薬の投与です。毎日飲むだけで一定期間後に抜け毛が減るとされます。薬は抜け毛は減らせるものの発毛作用はありません。そこで発毛作用のある塗り薬を併用する方法があります。頭皮に直接針などで薬効成分を注入していきます。脱毛頻度を緩めて、発毛させてふさふさを目指します。

男性ホルモンが関係ない人の治療

男性の薄毛のほとんどは男性ホルモンが原因とされています。そのための薬を利用すれば効果が得られます。しかしすべての人ではありません。また、女性でも薄毛で悩む人がいます。女性も男性ホルモンの影響はありますが、男性に比べると少ないとされます。産後に薄毛になる人などはどうするかです。男性ホルモンが原因になる薄毛以外の薄毛の原因が少しずつ分かってきています。そしてそのための薬もあります。女性が男性用の薬を飲んでも効果がないのは、原因などが異なるためです。まずは女性向けの治療をしてくれるクリニックに行って、原因を突き止めましょう。頭皮のケアで改善する人もいれば、女性の薄毛に効果のある薬を利用して改善できる人もいます。